2014年03月13日

奈半利 町あるき

ディレクターの川村です。
先日の「土佐の町家 ひなまつり」で、奈半利町を散策しました。
その時の模様を。

奈半利11.jpg

めだか広場に車を停めたのですが、その横にあるお家の壁が謎。
水切り瓦が斜めについてる…?
盾にギザギザな継ぎ目があるのも不思議。

奈半利12.jpg

浜田家(増田屋)。
お雛様を飾っていたので、入らせてもらったのですが、残念なことに写真がぶれてた…。
大きな柱や梁に、圧倒される立派な家でした。
明治時代に建てられたとのこと、当時の繁栄ぶりを垣間見た気がします。

奈半利13.jpg

「うだつが上がらない」と言いますが、正直どれがうだつか、二人とも分からなかったり。
あとで調べたところ、二階の両端にせり出した壁が、うだつだと。
火事の際、両隣に燃え移らないよう、防火壁の役割があるとか。
お金がかかるので、裕福な家にしか「うだつを上げる」ことができなかったようです。

奈半利20.jpg

安岡家のお隣の家も素敵。
理容院のくるくるが、すごく似合ってるお家です。

奈半利21.jpg

高田屋へ向かう途中にある神社。
梅の花…たぶん…がきれい。

奈半利37.jpg

お雛様を見せていただいた、武市家の塀がカッコいい!
白壁の向こう側は、瓦を重ねた重量感のある塀。
役場のすぐ横なので、前々から「すごいな〜」と思ってたのでした。

奈半利43.jpg

濱田典弥家へ向かう途中のカーブ。
なんかクスッときませんか?
町角アートな感じになってる、反射板。

奈半利44.jpg

裏道、裏道〜っ♪
古い町並みは、細い路地を歩くのが楽しいんです。

奈半利46.jpg

濱田典弥家のお庭も立派で、特にこの石塀が圧巻!
丸い石が、規則的にすら〜っと並んでます。

奈半利47.jpg

さて、帰り道。田畑の中の道をえらんでみました。
水路のカーブ具合がおもしろい。

奈半利48.jpg

この日は、午前中は雨が残っていたものの、午後は天気がよくなりました。

奈半利50.jpg
奈半利51.jpg
奈半利52.jpg

所々にレンゲが咲いていて、ま、かわいく花を愛でるのかと思いきや。
…咀嚼しましたよ川竹さん、レンゲの花を。
「子供の頃、レンゲの花よく食べてたなー。おいしくはないけど」
見た目を裏切る、野生児ですよこの人。

奈半利55.jpg

ほんとに立派な塀が、あちこちに普通にあります。

奈半利56.jpg

東山家の横を見上げると、不思議な文様が。
川竹さんと「あれ、なんだろうねー?」と首をかしげてました。

困った時はこの人に聞け、ということで、田野駅屋の山本さんに聞いたところ。
太平洋戦争の時分、空襲で狙われないように、白い壁をわざと汚し、みずぼらしい家に見せてたとのこと。
壁は風雨で落ちているとこもあるが、屋根の下は当時のままなんでしょうね。

奈半利町は、国道55号線を車で走ると気づきませんが、旧道に入ってみると、昔ながらの町並みがたくさん残っています。
ぜひ、ゆっくり町をあるいてみてください。
posted by 中芸 at 12:41| 奈半利町 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。