2014年03月29日

展示会のお知らせなど

ディレクターの川村です。
今日から、安田町の「安田まちなみ交流館・和」で、「現代龍馬学会 第1回パネル展 龍馬の時代は!」が開催されています。

和・企画展1.jpg

和・企画展2.jpg

一足お先に、展示を拝見したのですが、ひとつ「えええっ!」というものが。
詳しいことはぜひ実際に見てほしいので書きませんが、川竹さんと二人して「いや、これはどうなのよ、ええっ!」と驚くような記述がありまして。
ヒントは、チラシ裏の写真に載ってるものについての記述です。
かなりトホホ…なことが、さらっと書かれてますよ。

4日目5.jpg

7月22日(火)まで、入館無料ですので、近くにお越しの際には、ぜひ。


そして、北川村の中岡慎太郎館は、今年開館20周年となります。
そこで、開館20周年記念特別展が開催されます。

中岡慎太郎館1.png

中岡慎太郎館2.png

第一幕「慎太郎のふるさと北川村 −庄屋の仕事、江戸時代の生活環境−」
4月13日(日)〜6月13日(金)

企画展の始まる4月13日は、中岡慎太郎生誕の日であり、開館20周年の日でもあります。
この日は生誕祭、開館20周年記念式典、もち投げなどが行われます。

慎太郎は北川村の庄屋の家に生まれ、脱藩し国を変えるべく活動する前は、地元北川村のために庄屋の仕事をしていました。
そんな江戸時代の資料を展示し、当時の北川村の様子、人々の生活の様子を紹介しています。

古文書というものは、とてもおもしろいです。
正直、文体が違いすぎるので、現代語訳がなければ内容は理解できないのですが。
荒れた字体から焦りや緊急性を感じたり、几帳面な字体から、すっと背を伸ばして丁寧に筆をすすめる姿を思い描いたり。
メールや、ネットの画一した文字とは違う、当時の空気感が伝わってくる、そんな気がします。

少し先の企画展ですが、ぜひ。

中岡慎太郎館



そして、明日は北川村の木積でイベントがあります。

山里春まつり2.jpg

非常に天気が心配ですが、天気予報では雨マークはお昼まで。
イベントは小雨決行ということなので、ギリギリ大丈夫かな…と。
いや、雨は夜のうちに過ぎ去ると信じてます!
万が一中止になるようでしたら、またお知らせします。
posted by 中芸 at 17:27| ディレクター日記 | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

「ハピもぐ 海山フェスタ」に行ってきました

ディレクターの川村です。
今日は少々肌寒いですが、快晴!
お出かけ日和です。

今日から二日間、高知駅前の「こうち旅広場」にて、「東海岸 ハピもぐ 海山フェスタ」が行われています。
朝から川竹さんと、繰り出しておりました。

ハピもぐ2.jpg

会場前には、いつもなら三体の像が並んでのに…。
中芸・北川村出身の中岡慎太郎像は、メンテナンスのため不在。

ハピもぐ5.jpg

番組で取材した時から気になっていた、「海亀タッチング」へ。
アカウミガメ・アオウミガメいう名前の由来が、衝撃的!
なんと、食用として昔からカメは食べられていたそうで、肉の色が赤っぽい・青っぽいからとか。
食べるんだ…あ、そういえはスッポン料理とかありますよね…。

ハピもぐ6.jpg

取材の時に「子亀」と聞いてたのですが、思ってたより大きい!
これでも、人間にすれば小学一年生くらい、だそうで。
漁の網に時々入ってるそうで、この子達も網にひっかかってたとか。
このイベントが終わったら、無事海へと返されるそうです。
明日までは、人間の相手をしてやってね!

ハピもぐ4.jpg

そして、私たちの支局がある、田野駅屋のブース。
いつもお世話になってるメンバーと。…値段札で顔が隠れてて、すまん。
揚げたての「すりみ天」が、絶品です。

ハピもぐ3.jpg

田野駅屋で販売している、中芸食材工房の商品も、出張販売中。
甘さ控えめで酒粕を使ったお菓子なので、男性にもおすすめ。

ハピもぐ7.jpg

ハピもぐ8.jpg

安田町のブース。龍馬めしや田舎ずし、いちご大福や安田の白い夢(マンゴー大福)などなど。
安田町ふるさと応援隊の小倉さんに、安田町公式キャラクターの「安田朗」のシールを貰いました。
徐々に活動がひろがってますね、安田朗!

ハピもぐ9.jpg

北川村ゆず王国のブース。
イベントではおなじみ、特製やきそばの販売もありますよ。
ソースでも塩でもない味、ぜひぜひ試してみてください。

ハピもぐ10.jpg

奈半利町のブースは、残念ながら本日のみ。
大きな文旦や、奈半利特産のいちじくを使ったドレッシングや羊羹なども販売。
奈半利駅の下にある「奈半利町物産館・無花果」に、今日並んでた商品がありますので、ぜひぜひ奈半利町へ。

ハピもぐ11.jpg

馬路村のブース。「ごっくん馬路村」でおなじみ、馬路農協の商品がずらり並んでいます。
ゆずの化粧品も揃ってましたよ。川竹さん、使ってるのがもうすぐ切れるからと、購入してました。
やまなみ食堂の看板娘、本日は馬路の看板娘としてがんばってましたよ!

ハピもぐ12.jpg

取材でお話を伺った、武井さんに遭遇。
大人気「ふるまい鍋」の、列の整理をしていました。
安田のシャモ鍋のおいしそうな香りが、たくさんの人を呼んでました。

ハピもぐ13.jpg

モネの庭のブース。いつも満面の笑顔の山下さんと。
モネの庭で育てている花卉類で「寄せ植え体験」ができます。

ハピもぐ14.jpg

花のごくごく一部。春らしい花がいっぱい。
明日もありますので、ぜひ寄せ植えを作ってみてください。

ハピもぐ15.jpg

ステージも充実していますよ!
ずっと楽しそうな音が、あたりに鳴り響いています。
これは、「おもてなし勤王党」のショーの様子です。
さすがの人気ぶり! たくさんの人が楽しんでいました。

ハピもぐ16.jpg

明日も天気はよさそうです。
楽しくて、おいしいものがいっぱいの「ハピもぐ 海山フェスタ」へ、ぜひお越しください。
家族みんなで楽しめるイベントですよ〜!

イベントの詳細は、「ゴトゴトWeb」でチェック!
http://gomen-nahari.com/
posted by 中芸 at 16:48| ディレクター日記 | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

臥竜梅と映画のお知らせ

ディレクターの川村です。
そろそろ見ごろかな〜と、きのう田野町の長法寺にある「臥竜梅」を見てきました。

臥竜梅1.jpg

だいぶ咲いてきましたよ! 七分咲きといった感じでしょうか。

臥竜梅4.jpg

臥竜梅5.jpg

古い枝が、地を這うように伸びていて、なんとも不思議な雰囲気です。

臥竜梅6.jpg

もう少しで満開といったところなので、ぜひ見に行って下さいね。

臥竜梅7.jpg

おまけの蘇鉄の実。
川竹さんも私も、初めて見ました。
ちょっと実をちぎって、土に植えてみたい衝動にかられます…。


次は、安田町の大心劇場の上映のご紹介です。

大心劇場.jpg

ただ今、上映中の映画は、「雪の渡り鳥」。
『総天然色で、大型画面で、長谷川の胸のすく大殺陣!』
1957年、昭和32年の作品です。
大心劇場の雰囲気に、ピッタリの映画ですね。

3月8日まで、昼一時からと、夜七時からの二回上映です。
昭和レトロな、フィルムがカタカタ回る音の中で、お楽しみください。

そして、大心劇場の館長でもある、豆電球さんのコンサートがあります。

豆電球ライブ.jpg

高知のご当地ソングを歌い続ける豆電球さん、高知を飛び出して大阪でライブです。
3月23日(日)、大阪千里中央 A&Hホール、14時開演です。

ご予約・お問い合わせは、豆電球さんまで。
 TEL 0887-38-7062

豆電球さんのファンの方は、ぜひ大阪で楽しんでください。
posted by 中芸 at 15:37| ディレクター日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。